VアップシェイパーEMS 使い方

VアップシェイパーEMSの使い方2つ!注意することはある?

VアップシェイパーEMSはヒロミがプロデュースした商品であり、女性だけでなく男性にも人気がありますが、どのように使うのでしょうか。

 

また、使う上で注意するべきことはあるのでしょうか。使い方と注意点を説明します。

 

基本的な使い方

まずは、VアップシェイパーEMSの基本的な使い方を説明しますね。

 

ステップ@
購入すると、約2週間使える「スリミングジェル」が付いてきます。

 

そのジェルを500円玉サイズほど手のひらにとり、お腹にムラなく塗りましょう。

 

ステップA
Vアップシェイパーを素肌に触れるように直接着てください。

 

ベルトやホックは付いていないので、足元から履くようにして着るといいですよ。

 

お腹にVのラインがくるように装着し、おへその位置にVの上のラインがくるように調整してくださいね。

 

ステップB
充電したEMSコントローラーをボタンに取り付けます。

 

ステップC
モードとレベルを選んで、EMSを始めてください。

 

雑誌や漫画を読んだりテレビを観たり、家事をしたりしながら行いましょう。

 

VアップシェイパーEMSは過度の筋肉疲労を避けるため、1日30分までと決まっています。

 

なので、それ以上はEMS機器を使わないようにしましょうね。

 

 

EMS機器を取り外した場合の使い方

EMS機器を外した場合、VアップシェイパーEMSは通常のVアップシェイパーとして使うことがきます。

 

使い方は、着て日常生活の中で動くだけ!

 

着るだけで自然と腹筋が使われ、姿勢が矯正されます。

 

その状態で動くことで効率よくぽっこりお腹を引き締めることができ、メリハリボディを目指すことができるんです。

 

家事や買い物、散歩などをして普段通り生活しましょう。

 

なめらかな肌触りで着心地がいいので、着ているのを忘れるくらい快適ですよ♪

 

 

VアップシェイパーEMSの使い方で注意すべきこと

【初めて使う人はレベル1から】
EMSのレベルは1〜9までありますが、初めて使う人はレベル1から使うようにしましょう。

 

高いレベルから始めてしまうと肌が赤くなってしまい、痛くなってしまいます。

 

使い方としては、レベル1に慣れたらレベルを2にして、それに慣れたらレベル3にしてというように徐々に上げるようにしてくださいね。

 

【体に異常を感じたら使うのを止める】
使用中に、何か体に異常を感じたらすぐにVアップシェイパーEMSを外しましょう。

 

もともと肌が弱い方は、かぶれやかゆみの症状が起きる場合があります。

 

かぶれやかゆみの症状が出たらすぐに使用を中止し、皮膚科を受診してくださいね。

 

【体調が悪いときは使わないこと】
風邪を引いていたり、頭痛があったりといった体調不良のときにEMSを使うと、悪化させてしまう可能性があります。

 

なので、体調が悪いときの使用は控えるようにしましょう。

 

 

充電が面倒、EMSが苦手という方は…

VアップシェイパーEMSは充電しなくてはならず、それが面倒だと感じる方もいるでしょう。

 

また、EMSで筋肉がピクピクする感じが苦手という方もいると思います。

 

そういった方には、EMS機器が付いていない「エクスレンダー」がおすすめです。

 

エクスレンダーは加圧式燃焼ブラトップで、着るだけでお腹を引き締めたり、くびれを作ることができます。

 

使い方はとても簡単で、ただ着るだけです!

 

食事制限や運動をしなくても効果が期待できるので、食べるのが好きな方や運動が苦手という方にもおすすめ。

 

パットが付いており、これ1着だけでOKなので楽ちんですよ♪

 

 

VアップシェイパーEMSの使い方2つ!注意することはある?:まとめ

この商品は、EMS機器を取り付けた使い方とEMS機器を取り外した使い方の2つの使い方ができます。

 

使い方はとても簡単でいいのですが、注意すべきことがいくつかあります。

 

・初めて使う人はレベル1から

 

・体に異常を感じたら使うのを止める

 

・体調が悪いときは使わないこと

 

安全に使いたいなら、上記のことを守るようにしてくださいね。

 

EMSを充電するのが面倒、EMSが苦手、食事制限をしたくない、運動をしたくないという方にはエクスレンダーがおすすめですよ。